歯のステインを落とす歯磨き粉

歯のステインを落とす歯磨き粉

歯を白くしたいという方へ

まず歯を白くするためには歯の着色汚れの原因を理解することから始まります。
歯の着色汚れはタバコやコーヒー、普通に食事をしたり飲み物を飲んだりすることが原因でおこります。

 

歯に汚れをつけないためにタバコと吸わないというのは良いことだとは思いますが、食べ飲みはしないということはないのである程度汚れが着色してしまうのは仕方ないです。

 

ではその汚れはどのように取れば良いのでしょうか。
初めに歯科医院でホワイトニングです。
ちゃんと歯を白くしてもらいたいというのであれば良いことだとは思いますが審美に関しては保険が適用されないので費用が高くなります。
さらに歯科医院でも治療費が違ってくるので比較しないといけません。
それに歯科医院に行くと他の検査などで通うはめになったりするのが面倒です。

 

あと、ホームホワイトニングという自宅でできるものもあります。
この方法も費用がかかりますし装着などが面倒だったりします。

 

あとは最近多く出てきているのが着色汚れが期待できる歯磨き粉やホワイトニング商品です。
こういったものなら自宅で簡単に続けられるので利用されている方も多いです。
ちなみに私も歯の汚れを除去するためにこういった商品を使用しています。

 

結局は、毎日の予防が大切だと思います。
なんとしても歯の沈着汚れを取り除きたいのでれば初めに歯科医でホワイトニングしてもらって、着色汚れを防ぐために自宅でできるホワイトニング歯磨き粉などを使うというのも一つの方法です。
歯科医院はちょっとという方はホワイトニングの歯磨き粉などを使ってみるのも良いのではないでしょうか。

 

おすすめの歯のステイン除去歯磨き粉比較

研磨剤について

多くの歯磨き粉に使われているのが研磨剤というものです。

 

研磨剤は、歯の表面上のエナメル質についてしまった着色汚れを落としてくれる働きがある成分ということなのですが、ホワイトニングを考えた時には注意が必要な成分と言うことなんです。

 

研磨剤というと歯磨用リン酸水素ナトリウムや炭酸カルシウム、重層炭酸カルシウムなどが、ほとんどの歯磨き粉に研磨剤として配合されているんです。

 

毎日の飲食や喫煙によって、歯に黄ばみなどの着色汚れが付着していってしまいます。
これらの汚れを効果的に除去するのに役に立ってくれます。
しかし研磨剤というだけあって歯を削ってしまう働きがあります。歯についた汚れを取り除きながら、歯の表面のエナメル質が少しずつでも削られていくということなんです。

 

歯が白くなる代わりにエナメル質が削られてしまい、歯や歯茎にダメージが加わっているということなんです。強力な研磨剤によって歯の表面のエナメル質が削られることによって、一時的に歯がキレイになるように見えますが、歯の表面が傷ついているということです。

 

歯のエナメル質が削られてしまうと、反対に着色しやすい状態になるわけです。

 

また、歯と歯茎へのダメージが大きく、知覚過敏や虫歯にもなりやすくなるということです。

 

ホワイトニングというところを目的に歯磨き粉を選ぶときには、研磨剤が微粒子で含まれているものを選びましょう。

 

市販のホワイトニング向けの歯磨き粉は、舌で触ったらざらざらとした感覚のものが多いのですが、これは研磨剤の粒が大きので、それだけエナメル質を削ってしまう力も大きくなるわけです。
研磨剤の粒子を小さく微粒子にして含まれたホワイトニング向けの歯磨き粉も多く販売されているので、そういうものを選ぶのが良いと思います。さらに最近では研磨剤が使用されていないホワイトニング歯磨き粉も出てきています。そういったホワイトニング商品を使えば研磨剤でどうこうということもないです。