検査にはでない小麦粉アレルギー?

検査にはでない小麦粉アレルギー?

筆者は子どもを産んでから半年後、体調不良が続くようになりました。
症状としては、慢性的に感じる体のだるさと、皮膚に痒みを伴う炎症が出ることです。
皮膚科に行き、内科でアレルギー検査もしたのですが、原因は分かりませんでした。
対処療法として、炎症止めの塗り薬を処方されたのですが、治っても何度も繰り返し、子どもを抱っこするのも痒くて辛い状態になっていました。

 

そこで、いつ、どんな状態で発症するのか、自分で原因を突き止めることにしました。
1日の睡眠時間、食べたもの、その日の気温や湿度など、思いつく限りの項目を書き出しました。
すると、小麦粉を使った製品を多く摂取した次の日に発症することが分かったのです。
筆者の場合は、1日に2食以上食べた場合、例えば朝食がパン、昼食がパスタといった献立だとアウトでした。

 

原因が分かったため、それ以降は小麦粉製品の摂取は1日一回一人前のみ、とすることにしました。
すると、皮膚の炎症は全く起きなくなり、体のだるさも一ヶ月ほどかけて徐々になくなっていきました。

 

皆さんも、病院の検査では体調不良の原因を突き止められないことがあったら、一度、毎日の生活を振り返って見てください。
思わぬところで原因を発見し、体調不良を解消することができるかもしれません。